入れ歯治療のご案内

インプラント以外の治療法:咀嚼機能が回復出来る高度な義歯

「インプラントは手術や費用の事を考えるといや、でもいわゆる 「入れ歯」もいやだという方には高度な「ブレード人工歯義歯」や「コーヌス義歯」といった固定式の義歯をおすすめしております。
理事長は若くして日本でも著名な総義歯の大家である南加大出身の阿部晴彦先生、納富哲夫先生、ミシガン大留学の小林義典教授などに師事して技術を磨き、長く機能する義歯を提供しております。

ブレード人工歯義歯とは天然歯に比べ咀嚼効率の劣る人工金属製のブレードに替えることにより肉食も可能な金属製の歯を持った人工歯義歯です。
コーヌス義歯は残っている歯を2重冠(テレスコープクラウン)にし固定式のブリッジと同様の咀嚼機能を得られる義歯です。 院長はコーヌス義歯を南ドイツから初めて日本に持ち込んだ東京の稲葉繁先生を滋賀にお招きしたり、東京で師事したことなどにより、レベルの高いコーヌス義歯を自分のものにされました。そして皆様にこれをご提供する事が可能となりました。

その他にも軽くて強度のある純チタンや金属床や適合性の良い金床もおすすめしております。もちろん貴金属やチタンなどの軽い金属を用いた全歯列に及ぶ固定式のブリッジを制作することも可能でございます。

インプラント以外の治療法:咀嚼機能が回復出来る高度な義歯

インプラント以外の治療法:咀嚼機能が回復出来る高度な義歯

インプラント以外の治療法:咀嚼機能が回復出来る高度な義歯

ブレード

インプラント以外の治療法:咀嚼機能が回復出来る高度な義歯

当院取り扱い入れ歯

レジン床義歯(合成樹脂)

レジン床義歯(合成樹脂)

もっとも一般的に使われている義歯です。保険が適用されるため安価ですが、食べ物の熱さや冷たさが伝わりづらく、食事に違和感を覚えることがあります。また、強度を補うため歯ぐきにあたる床部分を厚くしたり、大きめに調整する必要があるといった材質的な難点があります。

純チタン鋳造床義歯

純チタン鋳造床義歯

航空機などにも使われている、最先端の金属「チタン」でできた入れ歯です。従前はチタンの優れた特性を把握しながらも、加工技術が困難で歯科への応用が遅れていました。しかし、昭和59年から歯科鋳造にも成功し、義歯にも応用することができるようになりました。
歯科では日本が世界の中でも最も進んでおります。

コバルト・クロム合金鋳造床義歯

コバルト・クロム合金鋳造床義歯

比重は純チタンの約2倍ですが、人体にとって安全面で懸念のあるニッケルは含んでおらず、メタリックカラーが美しい安定した金属でできた入れ歯です。

ゴールド鋳造床義歯

ゴールド鋳造床義歯

比重は純チタンの約4倍ですが、ゴージャスな義歯として人気があります。ゴールドは生体親和性が高く、金属アレルギーのリスクはほとんどないとされています。

滋賀県守山市と高槻市のインプラント矯正センター「守山駅前岡村歯科診療所」「歯科クリニック高槻」「秦荘歯科診療所」医院案内と求人情報はこちらです

このページの先頭へ