子どもの矯正治療

お子様の歯並びは、健やかな成長にも関係します

お子様の歯並びで気になるところはありませんか?矯正治療で歯並びが整うと、見た目がきれいになるだけでなく、歯みがきがしやすくなるので虫歯や歯周病を予防しやすくなります。また、食べ物もしっかり咬めるようになるので栄養の消化・吸収が促され、お子様の健やかな成長につながります。

さらにお口まわりの筋肉や顎の骨の正常な発達も促されるので、表情が豊かになり、ゆがみのない整った顔立ちにつながりますし矯正をすることで発育に悪い口呼吸の防止及び鼻呼吸の促進、口の周りの筋肉を動かすことで日本人が苦手な英語の発音の上達にも効果が有るといわれています。

それにお子様は神経の発育の関係上、プラスチックの床矯正や線矯正の装置や金属製の矯正装置にも違和感なく慣れることが出来、将来の抜歯による矯正を避けることも出来ますので、米国マクナマラの教科書に基づいてお子様のうちに矯正治療をすることをお勧めしています。

当院では単なる歯並びの矯正だけでなく、体力の向上・姿勢を良くする・知能の向上を図り健全な発育のための全身的な矯正治療をしております。 

お子様の「慣れ」がよい結果につながります

当院の小児歯科

当院では、小児矯正だけでなく小児歯科ももちろん行っておりますので1~2才のお子様の虫歯治療や食生活指導などもおまかせ下さい。
当院の特徴といたしましては女性スタッフも多くさらに米国の心理学に基づいた治療を行っており、泣くお子様がとても少ないので安心して治療を受けていただけます。
お気軽にお子様をつれてご来院いただければと思います。

お子様の「慣れ」がよい結果につながります「滋賀県守山市と高槻市のインプラント矯正センター」を運営する医療法人金亀会(こんきかい)では、小児矯正を受けるお子様の不安やストレスを軽減するための取り組みを行っています。

見慣れない空間や治療器具に不安を持ち、緊張しているお子様に対して強引に治療を進めると、“歯医者嫌い”になってしまうかもしれません。そのため当医療法人では、嫌がるお子様を無理に治療することはせず、治療の雰囲気に慣れてもらうことを優先しています。ビデオ、タブレット、絵本、ぬり絵、おもちゃなどを用いてユニットに座ってもらったり、お口を大きく開けてもらったり、器具に触ってもらったり、スタッフとお話をしてもらったりしながら治療の準備を始めますので、安心しておまかせください。

こうした取り組みもあって、当院では治療にあたって泣き叫ぶお子様がほとんどいません。また、治療の雰囲気に慣れることによって進んで治療に取り組んでもらえるようになるため、「最善の結果」を得やすくなるというメリットもあります。

矯正治療を行う理由

最近の子どもは顎が小さくなってきています。これは食生活の変化によって硬い物をあまり食べなくなったこと、また、IT化による会話の減少や唇や舌をあまり動かさない日本語特有の話し方などが原因といわれています。その結果、歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪くなり、歯がきれいに並ぶためのスペースが不足することで、前歯がデコボコになったり出っ歯・受け口・八重歯などになったりするのです。さらに上顎骨の狭小化により鼻呼吸から口呼吸に変化しポカン口になり感染やアレルギーの原因となることもあります。

「滋賀県守山市と高槻市のインプラント矯正センター」では、お子様の矯正 治療に関する無料相談を行っています。矯正治療をお考えでしたら、まずはお問い合わせください。「本当に矯正治療が必要かどうか」から、適切なアドバイスをいたします。

矯正を始めるタイミング

お子様のお口の状態により、矯正治療を始めるのに適したタイミングは異なります。歯並びが気になるようでしたら、まず、当院にご相談ください。こちらでは、「乳幼児から始める場合」「小学校低学年までに始める場合」「小学校高学年以降から始める場合」の米国マクナマラの教科書の不正咬合の分類における3パターンについてお話しをします。

乳幼児から始める場合

歯並びを悪くする可能性があるクセを直します。また、簡単な床矯正装置を入れることもあります。

特に注意したいクセ

  • 頬杖(ほおづえ)
  • 指しゃぶり、おしゃぶり、唇を噛む
  • 爪を噛む、布や衣服を噛む
  • 舌癖(ぜつへき)、舌を噛む、舌が動かない
  • 口呼吸、ポカン口
小学校低学年までに始める場合(乳歯の場合)

主に入れ歯のような取り外しできる装置(床矯正)を就寝時などに毎日一定時間装着し、顎の大きさを広げていきながら、歯がきちんと並ぶスペースを確保する方法です。歯並びよりも顎の骨の発育を優先し成長を促す第Ⅰ期治療ともいいます。さらに小学生の場合、線装置を使用することもあります。

メリット デメリット
  • 永久歯を抜かずに済みます
    (例外もあります)
  • 永久歯が生えてから矯正装置が必要となる場合がありますが、その場合でも比較的歯がきれいに並びやすくなります
  • 取り外しができるのでお口のケアがしやすく、虫歯を防げます
  • 床矯正だけでは歯並びが改善しない場合は治療が長期にわたってしまいます
  • 取り外しができるので外しっぱなしにしてしまうと効果が現れません
小学校高学年以降の場合(永久歯の場合)

永久歯が生えそろってから矯正治療を始める場合は、ブラケットという固定式の矯正装置で治療することがほとんどです。主に歯並びを整える第Ⅱ期治療といいます。

メリット デメリット
  • 床矯正をしてからのブラケット矯正の場合よりも、矯正期間が短くて済みます
    (それでも2~3年は必要です)。
  • 永久歯を抜かなければならないことがあります
  • 異物感があります
    (ほとんどの場合はすぐに慣れます)
  • 歯みがきが難しいので虫歯になりやすくなります(予防は出来ます)

当院取り扱い矯正装置

床矯正

お子様のお口に合わせて作製します。お好みの色を選べ、お名前も入れられます。

線矯正

主に大臼歯にバンドを巻き、見えない歯の裏側から固定式のワイヤーで顎を拡大したり歯を整えます。

ブラケット矯正
メタルブラケット
クリアブラケット

歯の表面にブラケットを装着しワイヤーを通して治療します。メタルブラケットのほかに、目立たないクリアブラケットもあります。

そのほかの矯正装置

顎の状態に合わせて、ほかにも次のような矯正装置を口腔外で使用することがあります。

チンキャップ・ヘッドギア・アッパープル

さらにミニインプラント(アンカースクリュー)を固定源に歯を動かすこともあります。

治療料金

どの治療法が最適かは、お口の状態によって異なります。こちらでは、おおまかな料金の目安を3つの代表的な症例に分けてご紹介します。詳しくは「滋賀県守山市と高槻市のインプラント矯正センター」へ直接お問い合わせください。下記の料金には消費税がプラスされます。

症例 小学校低学年
までの床・線矯正
永久歯のクリアブラケット矯正 小学校低学年での床矯正と永久歯の矯正治療
初期相談 無料
精密検査・診断 5,000~18,000円
矯正歯科治療費 280,000~310,000円 580,000円 300,000~580,000円
クリアブラケット - 60,000円~120,000円 -
調整指導料
(1回につき)
4,000円以下 4,900~5,700円 4,900~5,700円
保定装置 - 20,000~50,000円 20,000~25,000円

医療費控除について

医療費控除とは、家計をひとつにする家族が1年間に10万円以 上の医療費を支払った場合に、確定申告の手続きによって一定の金額を所得金額から控除できる制度です。医療費控除の申請には領収書が必要ですので、しっかり保管しておきましょう。詳しくは、最寄りの税務署や役所の税金相談課にお問い合わせください。

矯正治療は対象にならない場合もあります

子どもの不正咬合に対する歯列矯正のような、「成長するうえで必要な矯正だと認められる治療」の場合も医療費控除の対象になります。ただし、美容・審美目的の矯正治療は適用されませんのでご注意ください(小児矯正であっても同じです)。

滋賀県守山市と高槻市のインプラント矯正センター「守山駅前岡村歯科診療所」「歯科クリニック高槻」「秦荘歯科診療所」医院案内と求人情報はこちらです

このページの先頭へ